CX-5トップCX-5評価>CX-5ディーゼルorガソリン

CX-5を買うならディーゼル車かガソリン車か?徹底比較してみました


※CX-5 :mazda.co.jp

 

マツダ CX-5のディーゼル車にするか、ガソリン車にするか、どちらを買おうかと迷う方もいるのではないでしょうか。


燃費が良くて力強く走行するディーゼル車にするか、それともディーゼルよりも安く買えるガソリン車にするか、それぞれの装備や燃料費などについてメリットやデメリットなどを比較してみました。

 


CX-5ディーゼル車とガソリン車の外装の違い

 


CX-5のディーゼル車とガソリン車の外装に違いがあるのか見てみましょう。

 

リヤバックドアに付いているエンブレムは、ディーゼル車とガソリン車でデザインが違います。


外装では、このエンブレムの表示が違うくらいで大きな差はありません。


装備やデザインはほとんど同じなので、見分けは付きにくいでしょう。

 

 

CX-5ディーゼル車とガソリン車の内装の違い

 

インテリアに違いがあるか見てみましょう。


ディーゼル車とガソリン車の装備に差があります。

 


電動ガラスサンルーフ

 

 

オプション設定ですが、ディーゼル車のXD プロアクティブとXD L パッケージ専用の装備です。

 

ガソリン車には設定がありません。オプション価格は86,400円です。


ガラス部分が電動でスライドし、開放感があります。シェード付きです。

 

チルトアップしますので、換気などに便利です。

 

 

ドライブセレクション

 

 

ドライブセレクションは、ガソリン車専用の装備です。

 

スイッチを「SPORT」にすると、エンジン回転を広範囲で活用しスムーズな加速性に切り替わります。

 

スポーティな運転をしたい場合や登坂路などでの走行に適しています。


この他に加飾や装備などで違いがありますが、ディーゼル車とガソリン車と言うよりもグレードの違いによって差別化されています。

 


CX-5ディーゼル車とガソリン車のメリットは?

 

 

CX-5ディーゼル車のメリットは?


・ガソリン車よりも燃費が良く、軽油の単価も安いのでガソリンスタンドでの支払い額が少なく済む
・低速でもトルクが大きいので、市街地では加速に余裕がある
・ナチュラルサウンドスムーザーの効果のためか走行中は静かで、ガソリン車とほとんど同じように感じる
・全てのグレードでFF、4WD車ともに設定されているので、グレードを選ぶときに制約がない

 


CX-5ガソリン車のメリットは?

 

・ディーゼル車に比べると、およそ30万円安い価格
・アクセルを踏んだときの自然な加速フィーリングが良い
・2.5リットルエンジンはさらに太いトルクがあるので、加速性に優れる
・2.5ターボなら、さらにパワフルな走りで高速道路での移動も楽で快適

 


CX-5ディーゼル車とガソリン車の欠点・デメリットは?

 

 

CX-5ディーゼル車の欠点・弱点は?


・ガソリン車と比べると、およそ30万円価格が高い(ターボ除く)
・高速域では加速が鈍くなり、エンジンの伸びが足りない
・ガソリン車よりアクセルを踏んだ時のレスポンスが良くない
・アイドリング中は、ディーゼルエンジン特有のカラカラ音が聞こえてしまう

 


CX-5ガソリン車の欠点・弱点は?


・ディーゼル車に比べて燃費が劣る
・2.0リットルエンジンでは加速力不足を感じる
・2.0リットルエンジンのグレードでは、4WD車が設定されていない
・2.5ターボでもサンルーフを選択できない

 

 

CX-5ディーゼル車とガソリン車の価格とコストを比較!

 

ここでは、CX-5ディーゼル車の燃費の良さでガソリン車との価格差を埋めるには、どの位の距離と時間が掛かるのか計算してみました。

 


ディーゼル車とガソリン車の価格差と実燃費は?

CX-5 XD プロアクティブ(ディーゼル車・FF)

 

車両価格3,002,400円
平均実燃費14.0km/L

 

CX-5 20S プロアクティブ(ガソリン車・FF)


車両価格2,689,200円
平均実燃費11.2km/L

 

ディーゼル車とガソリン車との価格差は313,200円、平均実燃費の差は2.8km/Lとなっています。

 

なお、2.5リットルガソリンエンジンを搭載した25S プロアクティブガソリン車・4WDの平均実燃費は、9.9km/Lとなっています。

 

ここで平均実燃費とは、市街地、バイパスなどの幹線道路、高速道路を走行した場合の平均の実燃費数値です。

 


価格差313,200円を埋めるには、どの位掛かる?

 

ディーゼル車とガソリン車の燃料代を、平均実燃費から試算してみましょう。


1年間に10,000キロ走行するとします。

 

1リットル当たりの単価を軽油は110円、レギュラーガソリンは130円とします。

 

・ディーゼル車 XD プロアクティブ 実燃費1リットル当たり14.0km 10,000km走行した時の燃費代は

 

10,000km÷14.0km=714.3リットル、714.3リットル×110円=78,573円

 

・ガソリン車 20S プロアクティブ 実燃費1リットル当たり11.2km 10,000km走行した時の燃費代は

 

10,000km÷11.2km=892.8リットル、892.8リットル×130円=116,064円


1年間で10,000km走行した場合、ディーゼル車の方が37,491円安くなる計算です。

 

ディーゼル車とガソリン車の価格差313,200円の元を取るには、


313,200÷37,491=約8.3万㎞の走行距離が必要となります。


年間10,000km走行した場合で元が取れる年数は約8年、年間20,000キロでは約4年、年間30,000キロなら約2.7年となります。

 

一般的な走行距離は、週末に買い物やドライブで使うとすると年間10,000キロと言われることが多く、ディーゼル車の燃費の良さでガソリン車との価格差を埋めようとする場合は、かなりの走行距離と期間を要することが分かります。

 

 

エコカー減税まで含めるとディーゼルとガソリン車の価格差は縮まる


これまで、上記は車両価格の差のみで計算しています。

 

CX-5購入時には、ディーゼル車はエコカー減税が適用されますが、ガソリン車には適用されません。

 

ディーゼル車のエコカー減税は、自動車取得税・自動車重量税ともに免税です。

 

また、クリーンディーゼル補助金も適用されます。

 

ガソリン車は、2.0リットル / 2.5リットル/2.5ターボ、全てエコカー減税適用外です。

 

ディーゼル車のエコカー減税額は、XD プロアクティブ FF 車の場合で107,800円、ガソリン車は0円なので、当然ディーゼル車の方が多く減税されます。

 

ディーゼル車とガソリン車の価格差313,200円ですが、減税分の差107,800円によって205,400円まで差が小さくなります。

 

すると、205,400円÷37,491円=5.4万㎞

 

となり、年間1万キロ走行なら、約5年半でガソリン車との差額を回収できる事になります。

 

このペースで乗れるなら、初期費用は少々高くなりますが、ディーゼル車を選ぶ余地は十分にありますね。

 

また、選択するオプションによっても価格差が変わってきます。

 

CX-5のグレードやオプション、クリーンディーゼル補助金も含めた総支払額の差で試算すると、各々の状況に合った正確な金額差が分かるでしょう。

 

 

買うならCX-5ディーゼル車とガソリン車どっち?

 

CX-5のガソリン派

 

購入費・維持費を含めたトータルコストを安くしたい場合は、2.0リットルガソリン車がオススメです。

 

燃費はディーゼル車よりも劣りますが、購入時の価格差をガソリン代で埋めるには年間1万キロ走行で約6年掛かるため、6年以内に売却するならガソリン車の方がコストは掛かりません。


軽油の単価がガソリンより約20円安いので、日々の燃料費は節約できますが、さらにディーゼル車の燃費がもっと良ければ、トータルコストの面でもディーゼル車を選ぶことになっていたでしょう。

 

また、ガソリンエンジンはナチュラルな加速フィーリングを持っているので、この加速性がディーゼルより魅力と感じる方も多いでしょう。

 

 

CX-5のディーゼル派


購入価格が高くても、力強い加速性を得たい場合や燃料費を少なくしたい場合は、ディーゼル車が選択肢になります。

 

ディーゼルエンジンは低速からトルクが大きいので、比較的余裕のある加速性が感じられます。

 

加速が始まってからの力強さは、ガソリン車にない感覚です。

 

ディーゼルエンジンは、ガソリンエンジンよりも振動や音が大きいデメリットがありましたが、CX-5にはディーゼル車専用の技術として、ナチュラルサウンドスムーザーが搭載されています。


ナチュラルサウンドスムーザーによって、ディーゼルエンジン特有のカラカラ音や振動が低減され、比較的静かに走行できるようになっています。

 

また、購入後は燃料費が安く済むのも魅力の一つです。


燃料費は、1年間で10,000km走行した場合、低燃費を生かして37,491円安くなる計算です。


平均実燃費の差が2.8km/Lと少ないですが、燃料代の差が37,491円もあるのは、軽油の単価がガソリンよりも安い恩恵によるものです。

 

またエコカー減税と燃料代込みで計算すると、5年後のディーゼル車とガソリン車との購入価格差は縮まり、ディーゼル車が41,745円高い計算になります。

 

5年乗って41,745円の差であれば、ディーゼル車の魅力を優先して、ディーゼル車を購入する人も多いのではないでしょうか。


実際に運転すると、印象が変わってくる場合があります。まずはディーラーでCX-5のディーゼル車とガソリン車の両方に試乗して比較しましょう。

 

加速性やエンジン音などが体感できますので、メリットやデメリットをじっくりと比較検討すると良いでしょう。

 

 

下取り車があればCX-5の総額を下げられる

 

CX-5の新車を検討しているなら、その購入価格も気になるのではないでしょうか。

 

もし下取り車があるなら、新車の値引き以上にCX-5の総額を下げる事が出来ます。

 

方法は非常にかんたんです。下取り車がある方は参考にしてみて下さい。

 

 

ディーラーの下取り金額は安く見積もられている

 

CX-5の新車を買うなら、下取り車があればディーラーで査定してもらうユーザーがほとんどではないでしょうか。

 

管理人も以前フィットシャトルを買い替えた時に、ディーラーで査定してもらいました。その時の下取り金額は76万円です。

 

ここで注意したいのは、ディーラーの下取り金額は安く見積もられている事です。

 

安く見積もる理由としては、単純に安く下取り車を取れれば、その分ディーラーの利益になります。

 

新車の値引き分に充てられますし、「あと○○万円下取りを上乗せするので契約してもらえませんか?」とセールステクニックに使う事も出来ます。

 

管理人は、ディーラーが下取り金額を安く見積もる事を知っていたので、買取店にも査定してもらいました。

 

買取店の査定サイトから申し込むと、画面上に自分の車の概算価格が表示されます。

 

 

査定

 

ディーラーが査定した下取り金額(76万円)よりも20万円も高い結果でした。

 

20万円は大きいので、早速ディーラーへ行って「買取店では96万円と言ってましたよ?」と営業さんに伝えてみました。

 

すると、営業さんは店長さんに相談しながら返答に時間が掛かりましたが、「決めていただけるなら買取店さんに合わせます」と、ディーラーの下取り金額も96万円にアップしました!

 

ここでやった事は、査定サイトで表示された概算価格をディーラーへ伝えただけです。

 

これで20万円もアップしたので、やはりディーラーは下取り金額を安く見積もっている場合があるようですね。

 

 

ディーラーよりも買取店が高い場合も

 

値引きも良かったし、フィットシャトルも96万円になったのでディーラーで契約しましたが、買取店の査定が残っていたので、「もしかしたら買取店へ売る場合もある」と伝えて、了承してもらいました。

 

もちろん、ディーラーの方が高ければそのまま下取りに出せる条件です。

 

新車契約の時に条件として伝えれば、まずOKしてくれるので、これでディーラーと買取店のどちらか高い方へ売ることが出来ます。

 

そして買取店に査定してもらった結果、なんとさらに12万円高い108万円で買い取ってもらいました。

 

その時の契約書はこちら。

 

 

 

最初の下取り金額76万円から比べると、32万円もアップした事になります。

 

もし買取店を検討しないでディーラーだけで決めていたら、32万円を損していたかもしれません。買取店を検討して良かったと思いましたね。

 

この時申し込んだ査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

 

1分ほどの入力で申し込んだ後、画面上に自分の車の概算価格が表示されます。

 

「早く自分の車の相場が知りたい方」「ディーラーの下取りと比較したい方」にはお勧めの無料サービスです。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

 

「新車が欲しいけど予算的に厳しい」「もっと安くクルマを買いたい!」と言う方もいると思います。

 

そんな時は新古車や未使用車がおススメです。

 

新車から登録しただけの未使用車なら、ほとんど新車感覚で乗る事ができる上、価格も新車を買うよりだいぶ割安になります。

 

また、試乗車上がりなど走行5000キロ以下の新古車なら、さらにお得な価格で乗る事が出来るでしょう。

 

ただ、こうした中古車は人気があるので、割安なプライスが付いた新古車・未使用車はすぐに売れてしまいます。

 

ガリバーのクルマコネクトなら、市場に出回る前の非公開車両を優先して紹介してくれるので、いち早くお得な中古車の情報を取得できます。

 

また、申し込みは電話不要のチャットのみで完結するので、手の空いたスキマ時間を使ってやり取りするだけで、とても便利です。

 

もちろん、新古車・未使用車以外でも、予算や条件、使用用途などを伝えれば、それに合った中古車を非公開車両含めて紹介してくれます。

 

>>ガリバーのクルマコネクトで中古車を探してもらう

 

 

 

CX-5の値引き交渉のノウハウはこちら

 

当サイトのCX-5値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がCX-5を限界値引きで購入する事に成功しています。

 

今月のCX-5の値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>新型CX-5値引き交渉マニュアル

 

 

PR

PAGE TOP

copyright©2012-2018 マツダ CX-5を買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com