CX-5トップCX-5評価>CX-5の内装

CX-5の内装を徹底評価!インパネ・収納・荷室をチェック


※CX-5 :mazda.co.jp

 

マツダから発売されている『CX-5』


スタイリッシュなデザインで、2012年の登場からすぐに注目を集め、今ではクロスオーバーSUVの中でも1,2位を争う人気です。


2017年には初めてのフルモデルチェンジが行われ、外観にはシャープさを加え、内装には質感や高級感をプラスされました。


では、どのようにCX-5の内装が進化したのか、内装色や収納などを詳しく見ていきましょう。

 


CX-5の内装の質感は?

 

CX-5の内装色

 

CX-5の内装色はグレードによって「ブラック」と「ホワイト」の2色が用意されています。


上級グレードのLパッケージには、ブラックとホワイトが用意されていますが、ここで注目したいのがホワイトの内装色です。

 


※Lパッケージ ホワイト内装

 

シートやドアアームレスト、ニーレストパッドにホワイトレザーが使われており、非常に高級感がある内装となっています。

 

ダッシュボードやインパネ部分はブラックとなっているため、色のバランスが良くカッコ良い仕上がりですね。

 

ホワイトレザーは汚れが目立ちやすく、こまめなメンテナスが必要になってきますが、Lパッケージでしかこのカラーを選択することができないので、特別感のある設定が魅力です。


画像で見るとやや派手に感じますが、実際に内装を見てみるとそこまでホワイトカラーの主張がなく、まとまりのある雰囲気が好印象です。

 

 


※プロアクティブ

 

Lパッケージ以外のグレードの内装色は、ブラックが使用されており、落ち着いた飽きのこないものとなっています。

 

エアコン吹き出し口やシフトノブに使用されているシルバーパネルとの相性が良く、内装の質感もLパッケージに劣らない仕上がりです。


また、シートなどもブラックで統一されているため、画像のように圧迫感や重たさを感じてしまう車内ですが、ルーフ部分をライトグレーにすることで、開放感を与えてくれる車内になっています。

 

このようにブラックとライトグレーの2色使うことで色の中和がうまく取れています。

 


CX-5のシート表皮・デザイン

 

CX-5のLパッケージにはパーフォレーションレザーが使用されています。

 


※パーフォレーションレザー

 

いわゆる本革のシートですね。

 

シートカラーはホワイトとブラックの2色から選択することができ、先程紹介した内装色と連動しています。

 

ホワイト内装を選択するとドアアームレストやニーレストパッド、フロントアームレストなどがシートと同じホワイトカラーとなります。

 

ブラックも同様にドアアームレストやニーレストパッドなどがブラックの本革仕様となります。

 

Lパッケージ以外のグレードは、スクエアメッシュクロスが使用され、手触りの良いファブリック素材となります。

 


※スクエアメッシュ

 

本革仕様のシートと比べると質感や高級感は劣りますが、汚れに強くシート座面で体が滑ることがないのが特徴です。

 

本革シートは素材の性質上、ツルツルとしていますのでコーナーなどで体が微妙に動いてしまう事があります。

 

しかし、ファブリック素材ではそのようなことがないので、安定した運転姿勢を保つことができます。

 

とはいえ、CX-5のシートはサイドサポートの張り出しは強く、厚みがあるのでしっかりと体をホールドしてくれます。

 

 

CX-5はセダンなどの車種よりも車高が高いので、車がロールしやすいですから、このようなサイドサポートがしっかりあるのはいいですね。


シートはサイドサポートをはじめ、座面・背面ともにしっかりと厚みがあるので、長時間座っていても疲れることがありません。

 

運転姿勢もストレスなく保てるように工夫されているのもいいですね。

 


CX-5のインパネ

 

○ インパネデコレーションパネル

 

助手席の前方に施されたパネルはグレードによって違いがあります。


Lパッケージには、メタルウッドとサテンクロームメッキのパネルが施され、非常に高級感のあるものとなっています。

 


※Lパッケージ

 

Lパッケージの内装は、シートやアームレスト部分に本革が使用されていたり、メッキ加飾が施されるなど、内装の質感にこだわったグレードとなっていますので、このような加飾がされていると高級感もアップしますね。


一方で、Lパッケージ以外のグレードにはガンメタリックのパネルが施されています。

 


※プロアクティブ

 

こちらはLパッケージのような質感ではありませんが、シフトパネルやドアトリムとの相性が良く、統一感のある内装になっています。

 

 

○ ニーレストパッド

 

 

シフトパネルの両サイドに施されたクッション性のあるパッドを指します。


画像のような位置にあるため、シートに座った際、ひざがちょうど当たる部分なので、コーナリング中や長時間当たっていてもひざが痛くなることがありません。


このようなニーレストパッドを採用している車種は少なく、SUVでは珍しいアイテムですね。ユーザーのことをよく考えて作られているのがわかります。


このニーレストパッドは、Lパッケージにのみ採用されているアイテムです。

 

 

○ ステアリング

 


CX-5のステアリングは、全グレード本革巻きステアリングとなっています。

 

Lパッケージではステアリングヒーターが内蔵されており、内装の質感とマッチして高級感が感じられます。

 

また、本革巻きステアリングは、非常に握り心地がよく滑りにくいので、ハンドリングも安定した操作が可能となります。

 

 

○ カーナビ


 

モデルチェンジ後に目立った変更点といえば、このカーナビ部分です。


前モデルでは、カーナビはダッシュボードへ埋め込まれているタイプでしたが、今回のモデルチェンジでは画像のようにダッシュボード上に配置されています。

 

運転中の視線に近いため、視線を大きくそらす事なくナビ画面を確認できますが、ドライバーの身長によっては、前方視界の妨げになる恐れもあります。

 

また、7インチモニターとややコンパクトなデザインなため、このクラスの車種にしては、モニター画面が小さく残念です。

 


CX-5の収納・荷室の使い勝手は?

 

運転席側の収納

 

○ フロントコンソールボックス

 


シフトノブの前方に収納スペースがあります。

 

スマホや車のキーを置いておけるほどのスペースですが、前モデルと比べると非常に小さくなっています。

 

モデルチェンジ前のコンソールボックスは、手軽になんでも放り込めるほどの大きさでしたが、それに比べると今回のモデルでは、スペースが小さく、収納するものが限られてしまいます。

 

さらに手前にシフトノブがあるので、少し取り出しにくく感じますね。

 

 

○ カップホルダー

 


シフトパネルの手前にカップホルダーが2つ装備されています。


2つのホルダーが横並びに配置されているので、運転席・助手席のどちらからでも取り出しやすくなっています。

 

こちらも前モデルでは、アームレストの左側に設置されており、運転席からだとやや距離があるため、取り出しにくく感じていましたが、モデルチェンジにより解消されたのは良かったです。

 

 

○ フロントアームレスト

 


CX-5のアームレストは2段タイプとなっており、浅いトレイで仕切られています。


トレイを外せば深さのある収納で、非常に使い勝手がいいです。

 

ボックス内にはシガーソケットとUSBポートが2つ付いているのもいいですね。


このアームレストは、収納する物の大きさによって使い分けができるので重宝します。

 

 

○ オーバーヘッドサングラスホルダー

 


マップランプ部分にサングラスやメガネを収納することができるボックスが装備されています。


運転席から近い位置に設置されているので、必要な時にさっと取り出せるのがいいですね。

 

サングラスやメガネは置き場所に困るので、このような収納があるのは好印象です。

 

 

○ フロントドアポケット

 


ドア部分に収納スペースがあります。


ペットボトルが置けるスベースがありますが、ボトルの形状に合わせたデザインではなく、ポケットの底に溝があるだけですので、少し不安定さが残ります。

 

収納スペースも見た目よりも容量が少ないため、あまり大きなものを収納することができないのは残念ですね。

 

ドアポケットを使うユーザーは多いので、もう少し広くてもいいと思います。

 


助手席側の収納

○ グローブボックス

 


助手席の前には定番のグローブボックスが装備されています。


深さも十分にあるので、車検証を入れてさらにボックスティッシュも収納しておけます。


細かい部分ですが、Lパッケージではグローブボックスの内部が起毛処理されており、質感にこだわったグレードということがよくわかります。

 

 

○ フロントドアポケット


運転席と同様にドア部分に収納スペースがあります。

 

助手席の収納は非常に少なくなっており、置き場所に困ってしまうことがあると思います。

 

場合によっては、収納ボックスなどを追加すると良いかもしれません。

 


後部座席の収納

○ シートバックポケット


運転席と助手席のシートバックに雑誌や地図を収納することができるスペースがあります。

 

ナビが装備されているので、地図などを収納することはないと思いますが、ちょっとした小物や財布なども収納できるので、意外と便利です。

 

 

○ リアドアポケット

 


リアドアに収納スペースがあります。

 

こちらは運転席・助手席のドアポケットとは違い、ペットボトルが置けるほどのスペースしかありません。

 

次に紹介するリアセンターアームレストにカップホルダーが装備されているので、ドア部分は小物を収納するのに使う方が良さそうですね。

 

 

○ リアセンターアームレスト

 


後部座席の中央にアームレストが装備されています。

 

アームレストを倒すとカップホルダーが2つ装備され、さらにフタを開けるとUSBポートが2つあります。

 

後部座席でもスマホの充電ができるのは嬉しい装備ですね。

 

 

CX-5の荷室のサイズは?どれぐらい積める?

 

 

CX-5の荷室のサイズは、高さ850mm・幅1030mm・奥行き890mmとなっています。


非常に広い荷室となっており、荷室の容量が505Lあるためゴルフバックを4つ収納することができます。

 

後部座席を使用した状態でも十分に荷物を積むことができますね。

 

また、後部座席を倒してさらに多くの荷物や長い荷物も積むことができます。


後部座席を倒すことによって奥行きが1810mmまで拡大しますから、アウトドア用品一式も楽々積むことができますね。

 


さらに、嬉しい装備として後部座席を倒す操作を荷室からできるようにレバーがついています。

 

わざわざ後部座席を倒すために、リアシート側に回り込む手間がなく、荷室側から簡単に倒すことができます。

 

CX-5には、床下収納が装備されていますが、非常に小さいので、洗車グッズなどを収納することはできません。

 

 

窓拭き用のタオル程度であれば収納が可能ですが、オプションでBOSEサウンドシステムを装着している車は、この部分にアンプが設置されるため使用することができないので注意が必要です。


シートアレンジによって、様々な用途に使用出来るCX-5の大容量の荷室は、非常に満足できる仕上がりとなっています。

 


CX-5の内装まとめ

 

CX-5の内装は、外観に劣らずスタイリッシュで高級感のあるものとなっています。


珍しい内装カラーであるホワイトは、車の外から見ても目立ちますし、非常にかっこいいです。

 

ホワイトカラーが気に入った方は、Lパッケージ一択ですね。


内装の質感や高級感はLパッケージがその他のグレードと比べて、頭一つ抜けている印象です。


カタログや画像だけでは分かりにくいですから、実際に内装の雰囲気や質感を試乗などで確かめてみることをオススメします。

 

 

下取り車があればCX-5の総額を下げられる

 

CX-5のグレードを検討したら、その購入価格も気になるのではないでしょうか。

 

もし下取り車があるなら、新車の値引き以上にCX-5の総額を下げる事が出来ます。

 

方法は非常にかんたんです。下取り車がある方は参考にしてみて下さい。

 

 

ディーラーの下取り金額は安く見積もられている

 

CX-5の新車を買うなら、下取り車があればディーラーで査定してもらうユーザーがほとんどではないでしょうか。

 

管理人も以前フィットシャトルを買い替えた時に、ディーラーで査定してもらいました。その時の下取り金額は76万円です。

 

ここで注意したいのは、ディーラーの下取り金額は安く見積もられている事です。

 

安く見積もる理由としては、単純に安く下取り車を取れれば、その分ディーラーの利益になります。

 

新車の値引き分に充てられますし、「あと○○万円下取りを上乗せするので契約してもらえませんか?」とセールステクニックに使う事も出来ます。

 

管理人は、ディーラーが下取り金額を安く見積もる事を知っていたので、買取店にも査定してもらいました。

 

買取店の査定サイトから申し込むと、画面上に自分の車の概算価格が表示されます。

 

 

査定

 

ディーラーが査定した下取り金額(76万円)よりも20万円も高い結果でした。

 

20万円は大きいので、早速ディーラーへ行って「買取店では96万円と言ってましたよ?」と営業さんに伝えてみました。

 

すると、営業さんは店長さんに相談しながら返答に時間が掛かりましたが、「決めていただけるなら買取店さんに合わせます」と、ディーラーの下取り金額も96万円にアップしました!

 

ここでやった事は、査定サイトで表示された概算価格をディーラーへ伝えただけです。

 

これで20万円もアップしたので、やはりディーラーは下取り金額を安く見積もっている場合があるようですね。

 

 

ディーラーよりも買取店が高い場合も

 

値引きも良かったし、フィットシャトルも96万円になったのでディーラーで契約しましたが、買取店の査定が残っていたので、「もしかしたら買取店へ売る場合もある」と伝えて、了承してもらいました。

 

もちろん、ディーラーの方が高ければそのまま下取りに出せる条件です。

 

新車契約の時に条件として伝えれば、まずOKしてくれるので、これでディーラーと買取店のどちらか高い方へ売ることが出来ます。

 

そして買取店に査定してもらった結果、なんとさらに12万円高い108万円で買い取ってもらいました。

 

その時の契約書はこちら。

 

 

 

最初の下取り金額76万円から比べると、32万円もアップした事になります。

 

もし買取店を検討しないでディーラーだけで決めていたら、32万円を損していたかもしれません。買取店を検討して良かったと思いましたね。

 

この時申し込んだ査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

 

1分ほどの入力で申し込んだ後、画面上に自分の車の概算価格が表示されます。

 

「早く自分の車の相場が知りたい方」「ディーラーの下取りと比較したい方」にはお勧めの無料サービスです。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!?

 

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

 

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大2000社の買取店から入札を受けられます。

 

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

 

2000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

 

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

 

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

 

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

 

>>ユーカーパックの査定(無料)はこちら

 

 

 

CX-5の値引き交渉のノウハウはこちら

 

当サイトのCX-5値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がCX-5を限界値引きで購入する事に成功しています。

 

今月のCX-5の値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>新型CX-5値引き交渉マニュアル

 

 

PR

PAGE TOP

copyright©2012-2018 マツダ CX-5を買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com