CX−5トップモデルチェンジ推移>2012年2月16日

CX−5値引き
CX−5 カタログ
車名の由来
試乗レポート集
新車販売台数推移
モデルチェンジ推移
モデルチェンジ予想
最新目標値引き額
CX−5値引き交渉術
CX−5値引きレポート
CX−5のライバル車
CX−5中古車相場
新車値引き交渉術
CX−5の維持費を安く
CX−5の燃費
CX−5のアフターパーツ
下取り車の相場を調べる
CX−5の保険料相場
リンク集

 

 

マツダ CX−5 モデルチェンジ推移2012年2月16日

 

マツダニュースリリースより

 

-----

 

 

新型クロスオーバーSUV「マツダCX-5」を発売

−「SKYACTIV技術」を全面採用、クリーンディーゼル車はすべてのSUVの中でトップの燃費性能−

 


  マツダ株式会社(以下、マツダ)は、新型クロスオーバーSUV『マツダCX-5』を全国のマツダ系、マツダアンフィニ系、マツダオートザム系販売店を通じて本日発売します。メーカー希望小売価格は消費税込みで2,050,000円〜3,190,000円です。同車は、世界中で成長を続けているクロスオーバーSUV市場に投入するマツダのグローバル戦略車であり、国内での月間販売台数は1,000台を計画しています。

 

 新型『CX-5』では、初めて「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」*1をガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、トランスミッション、ボディ、シャシーのすべてに採用し、上質で気持ちのいい走りと、優れた燃費性能を両立させました。同車は、お客様に「魅せる歓び」「意のままに操る歓び」「使い切る歓び」「永くつきあう歓び」を感じていただくために、デザイン、ダイナミック性能、機能性、環境・安全性能すべてにこだわり開発しました。

 

 山内 孝代表取締役会長 社長兼CEOは、「エコが当たり前の時代に、マツダはすべてのお客様に『優れた環境・安全性能』と、『走る歓び』の両方を提供したい。この想いをかなえるために、マツダはエンジン、トランスミッションなどのパワートレインから、ボディやシャシーにいたるまで、クルマの基本要素を一新しました。この『SKYACTIV技術』を全面的に搭載した、マツダの新世代商品群の第一弾が『CX-5』です。マツダは今後の商品を通じてすべてのお客様に優れた安全・環境性能と走る歓びを提供し続けます」と語りました。

 

 新型『CX-5』には、2つの新世代エンジンをラインナップしています。クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」搭載車は、高価なNOx後処理装置なしでポスト新長期規制に適合しながら、すべてのSUVの中でトップ*2となる18.6km/L(JC08モード)の優れた燃費性能と、最大トルク420N・mによる4.0L V8ガソリンエンジン車並みの力強い走りを両立しています。高効率直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」搭載車は、4-2-1排気システムを初採用し、16.0km/L(2WD車・JC08モード)の優れた燃費性能でありながら、クルマとの一体感が味わえるリニアで気持ちのよいパワーフィールを得ることができます。

 

 両エンジン搭載車とも、環境対応車普及促進税制(エコカー減税)の対象で、購入時の自動車重量税および自動車取得税が優遇されます(「SKYACTIV-D 2.2」搭載車は免税、「SKYACTIV-G 2.0」搭載車は75%減税)。「SKYACTIV-D 2.2」搭載車は、クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金の対象でもあります。

 

 デザインにおいては、マツダの新デザインテーマ「魂動(こどう)」を初めて全面的に採用しました。獲物に飛びかかろうとするチーターを彷彿とさせる、生命力と躍動感を研ぎ澄ませたスタイリングです。

 

 室内空間は、あらゆるシーンで、乗員全員が快適に楽しく使える空間を目指しました。長い荷物を収納しても、後部座席に大人2名が快適に座れる4:2:4分割可倒式シートバック&カラクリフォールドを「XD(クロスディー) L Package」「XD」「20S」に標準装備しています。また、1Lペットボトルが収納できるボトルホルダー付ドアポケット、駐車時などの運転をサポートする、サイドモニターとバックガイドモニター映像をルームミラーに表示する機能を全車に標準装備しました。

 

 安全性能では、新世代軽量高剛性ボディ「SKYACTIVボディ」を採用し、カーテン&フロントサイドエアバッグ、DSC&TCS*3を全車に標準装備しました。また、ブレーキの自動制御で衝突被害の軽減を図る「スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)」を初採用するなど、先進技術を設定しました。(「XD L Package」は標準装備、「XD」「20S」はメーカーセットオプション)


■新型『マツダ CX-5』の商品概要

1.
生命力と躍動感を研ぎ澄ませた造形−「魂動−SOUL of MOTION」第1弾

エクステリアデザインでは、スポーティかつ堂々としたスタイルを追求し、インテリアデザインでは、ひと目で「運転してみたい」と感じる空間を創出しました。

[エクステリアデザイン]

力強く機能的なSUVらしさと、研ぎ澄ませたマツダらしい生命力と躍動感を表現したエクステリアデザイン。
新世代マツダデザインに共通するシグネチャーウイングを採用した、立体的で力強い新ファミリーフェイス。プロミネントフェンダーの強いねじりとボディサイドの抑揚により、チーターの引き締まった肉体を表現したサイドビュー。

[インテリアデザイン]

ドライバーズオリエンテッドかつ、SUVらしい力強さを感じられる室内空間を表現。
質感の高いソフトな素材で覆ったインストルメントパネル。
機能性とデザインの両方を重視し、パワーウィンドースイッチや、センターパネル下の収納スペースなど、視点を誘導する箇所に質感高いサテンクロームメッキ加飾を配置。


2.
「意のままに操る」感覚を追求し、上質で気持ちのよい走り−「SKYACTIV技術」を全面的に採用

ドライバーのイメージ通りにクルマ自身が「走る・曲がる・止まる」という動作を、ムダなく効率的に行うこと、ドライバーや同乗者がごく自然に気持ちのよさ感じることにこだわりました。すべてに「SKYACTIV技術」を取り入れた『CX-5』には、「走る歓び」を追求するマツダの決意が込められています。

[パワートレイン]

力強く軽快な加速フィール、すべてのSUVの中でトップ*2の低燃費18.6km/L(2WD車・JC08モード)、ポスト新長期規制をNOx後処理装置なしで適合させた環境性能など、これまでのディーゼルエンジンの常識を覆す新世代クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」を「XD L Package」「XD」に搭載。
クルマとの一体感が味わえるリニアで気持ちのよいパワーフィールと、すべてのSUVの中でトップレベル*2の低燃費16.0km/L(2WD車・JC08モード)の両立を実現した新世代高効率直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」。4-2-1排気システムを初採用し、「20C」「20S」に搭載。
マツダ独自のアイドリングストップ機構「i-stop(アイ・ストップ)」を全車に搭載。新開発したディーゼルエンジン用「i-stop」は、ディーゼル車で世界最速*5の0.40秒以内で再始動。
ロックアップ領域の大幅拡大により、MTのようなダイレクトフィールを実現し、燃費向上にも貢献する新世代6速AT「SKYACTIV-DRIVE」を全車に搭載。

[シャシー&ボディ]

走りの軽快感と安定感、上質な乗り心地を同時に実現した、新世代高性能軽量シャシー「SKYACTIVシャシー」を全車に採用。
操縦安定性、衝突安全性能を飛躍的に向上させた新世代軽量高剛性ボディ「SKYACTIVボディ」を全車に採用。
乗員の快適性のために不快音を徹底的に排除しつつ、ドライバーに必要な音は積極的に取り込み、音の面でも走りの楽しさを演出。
すべてのSUVの中でトップレベル*2のCd値0.33を実現し、高速走行時の操縦安定性と燃費の向上をサポート。


3.
あらゆるシーンで、乗員全員が快適に楽しく使えるパッケージ

運転のしやすさ、乗り降りのしやすさ、荷物の収納など、お客様が本当に便利で快適と実感できることを最優先にしたパッケージを創り上げました。

長時間の乗車でも疲れにくい立ち気味の着座姿勢を基本に、伸びやかな頭上空間と肩まわり空間を確保。
後席レッグルームは997mmを確保し、大人がゆったり座れる空間を実現。
2列目乗車時500L(DIN方式)、2列目収納時1620L(DIN方式)の大容量ラゲッジスペース
サイドモニターとバックガイドモニター映像をルームミラーに表示する機能を全車に標準装備。
4:2:4分割可倒式シートバック&カラクリフォールド(リモコンレバー&座面沈み込み機構)や、リフトゲートの開閉と連動するカラクリトノカバー(「XD L Package」「XD」「20S」に標準装備)など、実際の使い勝手を重視した新機能を搭載。


4.
気持ちの良い走りを一切妥協することなく実現した高い環境性能

「SKYACTIV技術」の全面採用、「i-stop」、優れた空力性能などによって、低燃費と排出ガスのクリーン化を実現しました。全車がエコカー減税*4に適合しています。

「SKYACTIV-D 2.2」を搭載車はすべてのSUVの中でトップ*2の低燃費18.6km/L(2WD車、JC08モード)を実現。「平成21年排出ガス規制(ポスト新長期)」認定を取得し、「平成17年度燃費基準+25%」を達成。
「SKYACTIV-G 2.0」搭載車はすべてのSUVの中でトップレベル*2の低燃費16.0km/L(2WD車、JC08モード)を実現。「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」認定を取得し、「平成22年度燃費基準+25%」を達成。


5.
基本性能の進化と先進の技術が実現する、世界最高水準の安全性能

マツダの安全への基本思想「安心感・信頼感に裏打ちされたクルマで、走る歓びを支える」の実現に向けて、『CX-5』ではドライバーの安全確認や危険の認知などをサポートする多くの先進技術を採用しました。また、パッシブセーフティでは、新世代の軽量高剛性ボディ「SKYACTIVボティ」を採用し、剛性の大幅な向上と軽量化を実現しています。

安全走行の基本として、死角の少ない優れた前方・斜め前方視界を確保。
ブレーキの自動制御で衝突被害の軽減を図る「スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)」を「XD L Package」に標準装備、「XD」「20S」はメーカーセットオプションとして設定。
より低速域から作動するように進化した「リア・ビークル・モニタリングシステム(RVM)」を「XD L Package」に標準装備、「XD」「20S」にメーカーセットオプションとして設定。
カーテン&フロントサイドエアバッグとDSC&TCS*3を全車標準装備。
各国の衝突安全評価を最高レベルでクリアすることを目指した「SKYACTIVボディ」。

*1:マツダの新世代技術の総称。具体的にはガソリンエンジン「SKYACTIV-G」、ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」、オートマチックトランスミッション「SKYACTIV-DRIVE」、高性能軽量シャシー「SKYACTIVシャシー」、軽量高剛性ボディ「SKYACTIVボディ」。
*2:日本国内で販売されるすべてのSUV(ハイブリッド車、軽自動車、輸入車を含む)。2012年1月現在 マツダ調べ。
*3:ダイナミック・スタビリティ・コントロールシステム(横滑り防止機構)&トラクションコントロールシステム
*4:環境対応車普及促進税制
*5:マツダ調べ

 

・価格(消費税込み)

2,050,000−3,190,000円

 

 

 

 

 

トップページへ

 
■ 広告

 

         

 

 


 

copyright ©2012-2013 マツダ CX−5を買う! All Rights Reserved