マツダ CX-5 モデルチェンジ推移2017年8月3日

マツダニュースリリースより

 

-----


マツダ、「CX-5」と「アテンザ」の全機種に先進安全技術を標準装備して発売
−全機種が安全運転サポート車の「サポカーS・ワイド」に該当−

 

 

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、『マツダ CX-5』、『マツダ アテンザ』の全機種に、マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」*1を標準装備し、全国のマツダ販売店を通じて本日より発売します。

 

 マツダは運転初心者から高齢者まで、お客さまにより安全・安心なクルマをお届けするため、2017年度中に国内で販売する主要5車種*2に「i-ACTIVSENSE」技術を標準装備することを公表しております。今回発売する『CX-5』および『アテンザ』は、「デミオ」、「CX-3」に続く先進安全技術を標準装備したモデルとなります。

 

 

このたび『CX-5』と『アテンザ』の全機種に、認知支援技術の「先進ライト」と「車線逸脱警報システム」を標準装備しました。この2つの認知支援技術と、既に全機種で標準装備している「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート」と「AT誤発進抑制制御[前進時]」の2つの衝突回避支援・被害軽減技術を標準装備したことにより、経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車(セーフティ・サポートカー)」のうち、特に高齢ドライバーに推奨される技術を搭載した「セーフティ・サポートカーS(略称:サポカーS)」の「サポカーS・ワイド」に、『CX-5』、『アテンザ』の全機種が該当します。

 

 さらに、車線変更時などに斜め後方から接近する車両を知らせる「ブラインド・スポット・モニタリング」や、駐車場で後退しながら出る際などに接近する車両を知らせる「リア・クロス・トラフィック・アラート」など、車両周囲の危険認知と安全運転をサポートする先進安全技術も、新たに全機種に標準装備しました。

 『CX-5』、『アテンザ』の全機種に標準装備される「i-ACTIVSENSE」技術は以下の通りです。

 

[サポカーS・ワイドに該当する安全技術]

アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)
AT誤発進抑制制御[前進時](AT車のみ)
先進ライト
CX-5「20S」「25S」「XD」、アテンザ「20S」「XD」:ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)
上記を除く全機種:アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)
車線逸脱警報システム(LDWS)


[車両周囲の危険認知と安全運転をサポートするその他の安全技術]

ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)
リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)
スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)(AT車のみ)
リアパーキングセンサー(センター/コーナー)
ドライバー・アテンション・アラート(DAA)(アテンザのみ)


 マツダは、安全思想「MAZDA PROACTIVE SAFETY(マツダ・プロアクティブ・セーフティ)」*3に基づき、今後も人間を中心に考えた安全技術の研究・開発に取り組み、すべてのお客さまに「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を持つ商品をお届けすることで、お客さまの人生をより豊かにし、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります。

 


・価格(消費税込み)

CX-5

2,494,800-3,526,200円

 

 

 

 

PR

PAGE TOP

copyright©2012-2018 マツダ CX-5を買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com